« 虹の数をかぞえて。涙 | トップページ | フェアトレード »

2005年11月25日 (金)

今日も日中の晴れ間を盗んで、4時間くらい大豆を刈ることができた。6ヘクタールくらいの畑での作業は。150メートル×400メートルの長方形の片側から大豆を刈ってゆき、追っかけで複数のスタッフがプラウ(すき起し)、堆肥散布、スプリングハロー(耕起)、麦播き、覆土、溝きり、この行程をこなしてゆく。いつ雪が降るかわからないので、少しでも早く播きたいのだ。半分大豆が刈り残っていて、半分麦まきが終わっている。ツートンの畑だ。

57570963_45s_1 今日も日中の晴れ間を盗んで、4時間くらい大豆を刈ることができた。6ヘクタールくらいの畑での作業は。150メートル×400メートルの長方形の片側か ら大豆を刈ってゆき、追っかけで複数のスタッフがプラウ(すき起し)、堆肥散布、スプリングハロー(耕起)、麦播き、覆土、溝きり、この行程をこなしてゆ く。いつ雪が降るかわからないので、少しでも早く播きたいのだ。半分大豆が刈り残っていて、半分麦まきが終わっている。ツートンの畑だ。

Posted by 井村辰二郎 at 08:36 午前 有機大豆 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/14673200

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も日中の晴れ間を盗んで、4時間くらい大豆を刈ることができた。6ヘクタールくらいの畑での作業は。150メートル×400メートルの長方形の片側から大豆を刈ってゆき、追っかけで複数のスタッフがプラウ(すき起し)、堆肥散布、スプリングハロー(耕起)、麦播き、覆土、溝きり、この行程をこなしてゆく。いつ雪が降るかわからないので、少しでも早く播きたいのだ。半分大豆が刈り残っていて、半分麦まきが終わっている。ツートンの畑だ。:

コメント

コメントを書く