« 無人ヘりその3(着陸失敗) | トップページ | 無人ヘリその5(負けないために) »

2006年1月26日 (木)

無人ヘリその4(トラウマ?)

壊れたヘリコプターの修理費は100万円オーバー。教習中の事故なので弁償はしなくてもよかった。そのまま正月休みに入り、何事も無かったように新年1月5日、代わりのヘリで教習は再開された。おかしい、指が動かない。事故前にできた操作もできなくなってしまった。恐怖心から体が言う事をきかないのだ。事故の残像がまぶたの裏に焼きついている。先生の声も、だんだん厳しく大きくなり、ストレスは日に日に増してくる。昔から物怖じせずくよくよしない性格で、肩こりやストレスとは無縁であった。右の後頭部から首筋・背筋にかけて痛みがはしる様になり、右肩に激痛が走る。うまくいかない、先生の期待に応えられない。空中でできる操作も、地面が近づくとできなくなる。「トラウマ?」苦痛の日々がつづく。今まで、これほどのストレスを体験したことは記憶に無い。試験日はドンドン近づいてくる。のびのびと楽しそうに日程を消化してゆく若者達とは対照的に、先生の怒鳴り声と、寒さ、極度の緊張の中、暗い毎日が続く、練習に行きたくない。    つづく

Posted by 井村辰二郎 at 06:29 午後 農業機械・設備 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/8366085

この記事へのトラックバック一覧です: 無人ヘリその4(トラウマ?):

コメント

コメントを書く