« 白鳥たち | トップページ | 地塚大豆 »

2006年1月31日 (火)

お客様

日本経済新聞の取材を受けた。北陸経済面で、本日より連載が始まった「アグリ産業革命」の2回目、明日の朝刊に掲載される。一次産業から六次産業?へ、農家の取り組みを例に挙げ、構造改革や、貿易・環境問題まで広い切り口で論評されるらしい。うまく伝えられたかわからないが、金沢農業・金沢大地のミッションをお話ししたつもりだ。農産業を取り巻く環境は大きく変化している。グローバリゼーションなど、個人の農家だけでは太刀打ちできないような現実に直面する事も有る。いくら、革命と言っても、農業の根本は作物の栽培と言う営みにつきる。加工・流通合理化・新規事業、いろいろなアプローチは否定しないが、軸足は生産に置いておかなければ、農の価値が陳腐化すると感じる。正直に耕す事、農民はこの基本から離れてはならない。

Posted by 井村辰二郎 at 07:17 午後 お客様 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お客様:

コメント

コメントを書く