« あいとうエコプラザ「菜の花館」 | トップページ | 有限責任中間法人かがのと農産物検査協会 »

2006年2月12日 (日)

石川県農林漁業就業相談会

(財)石川21世紀農業育成機構さんからご案内いただき、タイトルの相談会へ出展した。求人活動を行うのは初めてで、先輩の農業生産法人さんの中に入って、ブースを出した。会場はエクセル東急ホテル。金沢一の繁華街、香林坊に位置する素敵なホテルだ。実は以前、東急グループの仕事をしており、香林坊109・東急ホテルには思い出が多い。妻と結婚式を挙げたのもこのホテルだ。古いスタッフの方も覚えていてくださり、家族で出かけた私たちを優しくおもてなし下さった。「ホテルは人である」その後に、ハードと立地条件が来る。前の職場で教えられたことを、考え深く思い出した。ホスピタリティーについて学んだのもこのホテルの仕事からで、懐かしく感じた。金沢へお越しの際は、是非東急ホテルを選択していただきたい。さて、説明会だが、初めての出展で、参加者にうまく説明できたか判らないが、脱サラで就農を希望なさる方が何組かいらしたのが印象的だった。就職先としての相談より、むしろ就農相談のような受け答えになってしまったが、少量多品目で有機栽培、直販や加工をしたいと言う声が多かった。私の主観で、設備投資について、農地の取得について等、答えられる範囲で話したが、皆さん大変だなと感じた。私も脱サラ組みだが、父親が築いた基盤が有ったからこそ今がある。土地利用型と呼ばれる穀物農家の場合、設備産業という見方もできるのだ。夢を語る新規就農希望の方と話し、彼らがスムーズに就農できる公的支援が充実する事を切に願う。

Posted by 井村辰二郎 at 02:17 午後 農産工房「金沢大地」 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/8621138

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県農林漁業就業相談会:

コメント

コメントを書く