« 石川県農林漁業就業相談会 | トップページ | 有機純米吟醸酒「滉」(あきら) »

2006年2月15日 (水)

有限責任中間法人かがのと農産物検査協会

2月13日「有限責任中間法人かがのと農産物検査協会」の第四回定時社員総会が行われ、出席した。この会は「かがのと有機特栽米の会」の主導で、食糧事務所のOBを検査員に迎え、農産物の検査業務を行うために設立された。全国でもめずらしい(初めてと聞いている)農民の力でできた民間検査機関だ。この会を作ってくださった方々は、石川県を代表する米農家の方々で、みな大先輩だ。頭が下がる。平成13年からのJAS法改定で、お米の表示が厳しくなった。また、米の検査が、食糧事務所から農協等の民間へ移行した。当時、農協を通さず契約栽培中心の農家にとって大変厳しい問題に直面したのだった。今は、「かがのと検査協会」のおかげで、当農場が検査場所に指定され、スムースに検査を受けることができる。あらためて、感謝したい。ありがとうございました。

Posted by 井村辰二郎 at 05:20 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/8674183

この記事へのトラックバック一覧です: 有限責任中間法人かがのと農産物検査協会:

コメント

コメントを書く