« たんなん大豆生産組合 | トップページ | お米の種 »

2006年2月23日 (木)

行動力あるお役人さん

二日前に書いた勉強会の中で、「神子原米」ブランド化の立役者、羽咋市1.5次産業振興室 高野係長の講演を拝聴した。取り上げられた題材が、ブランド米・お酒・地域の活性化と農業に関したテーマだったので、大変勉強になった。慣行栽培のお米を、私の有機米より高い価格で売りぬき、そのお米で造ったお酒は、私たちの有機吟醸純米酒のなんと15倍の価格で販売する。地域の後継者に農業と言う職業を選択させるには、所得の向上が無ければ駄目だ、熱く語っておられた。行動力とリーダーシップが有り、公務員として自分の仕事に誇りを持たれた素晴らしい方だと感銘を受けた。

能登の入り口に位置し、高齢化・過疎化に悩み、なかなか生産性の上がらない中山間地の棚田で取れる米「神子原米」を、たった一年で南魚沼産コシヒカリに負けないくらい市場価値のあるブランドに昇華させたのだ。市長の公約を果たす使命も有ったらしいが、地域の農民から「農業を続けていて良かった」という言葉をもらったそうだ、その事が何よりも素晴らしいと感じた。一方で、過疎に対する手立てとして、古民家と休遊農地を賃貸し全国から移住者をつのる手法は、家賃2万円という手軽さも有ったろうが、マーケティング・プロモーション・行動・検証。その仕事は見事であり非凡だ。現在4組の家族が村に入り、70組以上のご家族が順番を待ってらっしゃるそうだ。全国でも似たような試みは早くから有るらしいが、こんなに早く成果を出されているところは無いそうである。

さて、実は上流階級・富裕層を意識したブランド米・高級酒の提案。私が考える農業のミッションとは少し温度差があると感じた。しかし、これだけ熱心に故郷の事を考え、地域の為に行動を起こせる公務員の方がどれくらいいるだろうか?こんな方が地方自治体にいらっしゃることが驚きで、嬉しく、うらやましく思った。最後に、次は漁業の活性化を・・・と話を締めくくる高野係長の熱い語らいに、行政職の素晴らしさ可能性を感じた。行政しかできない、調整できない「仕事が」たしかに有るとも感じた。

高野先生ご講演ありがとうございました。これからも地域の為にご活躍ください。

Posted by 井村辰二郎 at 05:45 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/8801429

この記事へのトラックバック一覧です: 行動力あるお役人さん:

コメント

コメントを書く