« 有限責任中間法人かがのと農産物検査協会 | トップページ | エコ農家になれない有機農家 »

2006年2月17日 (金)

有機純米吟醸酒「滉」(あきら)

030527_akira 有機栽培の酒米「五百万石」を栽培している。地元の老舗酒蔵「中村酒造」さんとの契約栽培で、有機純米酒が造られる。今日は、18年産の栽培計画などの打ち合わせで、朝から中村酒造さんを訪問した。中村社長とは同じ歳で、酒つくりに対する姿勢や、情熱は素晴らしく、尊敬できる方だ。過去に石川青年会議所の理事長も勤められ、郷土のリーダーでもある。販売量は少なく、限定品だが「加賀雪梅 有機純米吟醸」として、適正な価値・価格で世に出していただいている。美味しいお酒である。中村酒造さんのホームページで購入できるので、是非一度飲んでいただきたい。もうしばらくで、しぼりたての新酒もできるころだ。

写真の有機純米吟醸酒「滉」(あきら)は、酒販売免許の問題等で、本格的な販売は先になるが、父親の米作りの歴史・情熱を形にしたいと開発した日本酒だ。「滉」(あきら)は父親の名前である。

以下ラベルのコピーだ。

井村 滉(六五歳)。四十九回目の米造り。

「農魂」の有機栽培「五百万石」

加賀百万五石の城下町「金沢」の近郊に広がる「河北潟」
周辺には、豊かな湿地帯と、半農半漁の暮らしが有った。
滉氏も井村家の長男として生まれ、中学卒業後、家業である農業を継いだ。
食料増産・米騒動・米あまり・減反政策…。
農業にとっても激動の昭和を、専業農家として生き抜いてきた。
大豆も作った。麦も作った。
そして、四十九回目の米造り。
『我が人生に悔い無し』。「農魂」の米を作り続ける。

Posted by 井村辰二郎 at 12:37 午後 農産工房「金沢大地」 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/8702516

この記事へのトラックバック一覧です: 有機純米吟醸酒「滉」(あきら):

コメント

コメントを書く