« 農を変えたい!3月集会へ参加して | トップページ | 発芽 »

2006年3月29日 (水)

(微塵)みじん

060323_112131 「おから」の社会的価値は、産業廃棄物らしい。金沢大地の「おからは」販売分以外は、鶏のえさになるから食糧か飼料だ。今日、金沢市内の有名なお豆腐屋さんから、金沢農業のレインボーコンポストの原料に使ってほしいと依頼があった。私たちの堆肥には自主的なガイドラインがあって、農産物由来のものは、原則として国産の原料しか使えない。国産農産物の価値昇華を願っており、使命感から国産使用を実践しているのと、アイフォームの基準で遺伝子組み換え技術を使った原料は使用できない理由からだ。さて、本日の豆腐屋さんは、国産大豆を中心に、中国産のオーガニック大豆も使用している。お話を伺うと、大変立派な技術とお考えで経営をなさっているようだ。遺伝子組み換えの問題はクリアーできているが、国産原料のみとする自主基準を変更しなければならない。なんとか助けてあげたい気もするし、中国産有機に対する抵抗もある。一週間で結論を出さなければならない。皆さんはどう思われるだろうか?是非参考意見を聞かせてほしい。

タイトルの「みじん」は、おからを絞った後の豆乳を、さらに細かなメッシュで濾過する行程で取れる「きめの細かいおから」のことである、豆腐80丁位から300グラム程しか取れない。口当たりがまろやかな、ふわっとしたおからで「高級料亭」等で人気がある貴重な食材だ。木っ端みじん、みじんこの「みじん」だと思う。未だ粉塵にもならない、細かなモノ。
思えば河北方干拓地の重粘土土壌も、何千年もかけて湖底に降り積もった「みじん」の集まりなのである。

Posted by 井村辰二郎 at 07:44 午後 農産工房「金沢大地」 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/9317625

この記事へのトラックバック一覧です: (微塵)みじん:

コメント

コメントを書く