« お天気に恵まれて | トップページ | 初検査 »

2006年9月 2日 (土)

オーガニックウール

060901_085817_m 060901_114026_m 九月に入り夜朝は過ごしやすくなったが、まだまだ残暑が厳しい。父と母が羊の毛刈りをしてくれた。本来は田植えが終わる5月下旬、暑くなる前に行なうのだが、今年は門前の第二農場の件もあり、世話ができなかった。(羊さん御免なさい)暑い夏をウールのセーターで過ごした羊さんたちは、夏バテ気味。見かねた父と母が、毛を刈ってくれた。羊は元来北の動物で、蒸暑い日本の風土には合わない。

8頭の毛を刈って、軽トラック一杯分のオーガニックウールが取れる。しかし、残念ながら加工の技術も無く、土へ返すことになる。「引退したら、このウールで羊のマスコット人形でも造ろうかしら」

Posted by 井村辰二郎 at 07:04 午前 羊・ヤギ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/11725160

この記事へのトラックバック一覧です: オーガニックウール:

» なんで今オーガニックなの? トラックバック オーガニック道場
昔からあった無農薬野菜。 では現在のオーガニックブームともいえる現象となにが違っ... [続きを読む]

受信: 2007/08/27 18:16:28

» オーガニックって有機とはちがうの? トラックバック オーガニック道場
オーガニックはまさに有機のことです。 ナチュラル・ハーモニーのサイトに依れば有機... [続きを読む]

受信: 2007/08/27 19:36:40

コメント

はじめまして。オーガニックウールを調べていると、このブログに入りました。ひつじの毛、まだ土に返ってませんか。糸紡ぎや機織りに関わっている人(私も)が周りにいるので、使い道があります。しかもめずらしいオーガニックです。状況を教えてください。

投稿: simasima | 2006年11月10日 (金) 19時34分

連絡遅くなりました。ブログを書いてから2件の問い合わせがあり、simasima さんが3件目となります。一番最初の方は農場まで取りに来ていただき、糸を紡がれたそうですが、外に放置していたため、保存状態が悪く土に返るところです。来年の田植え後、毛を刈るつもりですので、その時またお問い合わせいただければ幸いです。

投稿: 井村辰二郎 | 2006年12月27日 (水) 18時38分

コメントを書く