« 順調な稲刈り | トップページ | 山是清 »

2006年10月 7日 (土)

彼岸花

060926_123131_m 最後のコシヒカリを刈り取り、今年の稲刈りは終了した。90%以上が一等で検査合格。収量もマズマズであった。有機麦・大豆の不安定さを考えると、北陸は水稲栽培に適した所だと再認識させられる。適地適作、河北潟干拓地で水稲作付けの規制緩和を願う。

有機栽培や米作りの先人たちは、収穫後から来年の米作りが始まると言われる。堆肥などを散布して地力増進に勤めるのが今の季節なのだ。まだ地温の有るこの季節に有機物を投入することは、春先に投入するのとは意味が違う。今播いた堆肥は、田植えの寒い時期でも稲が吸収してくれる。金沢農業でも堆肥散布に余念が無い。大豆刈が始まる10月20日頃までに、堆肥散布とプラウ耕を終わらせたい。写真は昨年、干拓地に移植した彼岸花。雑草に負けずに数本だけ生き残った。

Posted by 井村辰二郎 at 03:35 午後 水稲 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/12184885

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花:

コメント

コメントを書く