« 彼岸花 | トップページ | 大麦の発芽 »

2006年10月 8日 (日)

山是清

061006_121541_m 今年、能登半島の輪島市門前「山是清」に拓いた第2農場へ行ってきた。大豆の収穫時期を見極める為だ。6月の上旬に植えた大豆はスクスクと育ち、落葉の時期を向かえる。河北潟干拓地より早く植えて早く収穫するもくろみだったが、当てが外れ、同時期の刈り取りとなりそうだ。少し北よりで、標高が500メートル有るため、生育に時間がかかるようだ。何事も試してみなければわからないものだ。写真は山是清の大豆畑、イチョウの葉のように黄色く色づくと2週間後に刈り取りとなる。有機肥料を使うと肥効が長く(化学肥料のように切れない)刈り取りは遅くなる。河北潟干拓地でも早い農家で10日頃から始まるが、私の畑の有機大豆はまだまだ青々と元気。刈り取りまでしばらくかかりそうだ。

Posted by 井村辰二郎 at 04:40 午後 有機大豆 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/12198624

この記事へのトラックバック一覧です: 山是清:

コメント

コメントを書く