« 安全な食べ物ネットワークオルター | トップページ | 奇跡のリンゴ »

2006年12月 8日 (金)

「有機農業推進法案」可決

本日、衆議院議員本会議において「有機農業推進法案」が可決された。感無量である。超党派の160名を超える国会議員の皆様や、有機農業学会中島先生、また議連事務局長のツルネン議員、議連会長の谷津義男議員に対して感謝の意を示したい。素直に「ありがとうございました」。

生産者としては少数派であり、農林水産省や行政、地域から異端として扱われることが多かった「有機栽培農家」。私たちの活動に対して、日本国として、道筋をつけていただける内容のようだ。

有機農業のみならず、平成19年度は、品目横断政策等新たな農業政策の開始など、日本の農業は、激変の時代へ突入する。めまぐるしく変わる外部環境・不安定な気象状況等、目の前の霧は晴れない。しかし、何事に対しても、信念を持って前向きに取り組むこと、私の使命は達成途上なのである。

Posted by 井村辰二郎 at 04:48 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/12983989

この記事へのトラックバック一覧です: 「有機農業推進法案」可決:

コメント

コメントを書く