« 「さといらず」 | トップページ | 「有機農業推進法案」可決 »

2006年12月 4日 (月)

安全な食べ物ネットワークオルター

12月3日(日)大阪 天王寺区民センターで行なわれた「30周年記念(オルター12周年)フェスティバル」の生産者と会員の交流会に参加した。オルター大阪さんは、関西中心に7000人の会員を持つ共同購入会さんで、代表の西川さんは古くから農家と消費者を結ぶ産直・提携運動をなさってきた。業界では大変有名な方である。農産工房「金沢大地」の商品はもちろん、お豆腐メーカー等原料として大豆や小麦粉を供給させていただいている。70団体以上の生産農家・食品メーカー等が机を並べ、直売やPRを行なった。金沢農業・「金沢大地」は、当日販売はせずに、商品展示と会員消費者のかたとのコミュニケーションの場として参加させていただきました。隣りのブースの三重県の野菜農家さんは、コンテナに沢山の野菜を100円均一で販売なさっており、活気がある声が飛んでいましたが、私のブースは、ご家族のアレルギーや化学物質過敏症に悩む方々との意見交換会のような雰囲気でした。来場者1000人以上の中、50名位のお客様と交流できたでしょうか。まだまだ、有機農産物原料100%の製品が少ないことや、有機農業に対する率直な御意見、励ましのお言葉などを頂き、元気を頂いて帰ってきました。自分も含め、この国の有機農業は、まだまだ発展途上であるけれども、多くの生活者の方が応援してくれていることを再認識し、イベント会場をあとにしました。オルターやボランティアで協力してくださったスタッフの皆様、当日いらしてくださったお客様、ありがとうございました。

晴天の大阪から北陸に向かうと、やはり雨天がお迎えしてくれました。大豆収穫のフィニッシュはお天気待ちです。

Posted by 井村辰二郎 at 06:24 午後 農産工房「金沢大地」 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/12931912

この記事へのトラックバック一覧です: 安全な食べ物ネットワークオルター:

コメント

コメントを書く