« 啓蟄 | トップページ | 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会 »

2007年2月28日 (水)

帆立貝

070228_185343_m 函館に住む叔父から帆立貝が届いた。今晩の食卓に間に合うだろうか。早く帰らなければ間に合わない。

帆立貝は貝殻以外は食べれるが「うろ」と呼ばれる部位だけは食べないほうが良いそうである。カドミウムや砒素が多く含まれている場合が有るらしい。
産地の水産加工場では、この貝殻と「うろ」が産業廃棄物となり困っているようだ。貝殻はカルシウムやミネラル(微量要素)に富。「有機農家井村辰二郎」的には、有機肥料としてリサイクルすべきだと考えるが、そうも行かないらしい。カキ貝の貝殻はカルシウム肥料やニワトリの餌として再利用されているが、帆立貝はうまく利用されていないらしい。北からの運賃などがネックになっているのだろうか?北海道・東北の農家さん頑張って利用してください。(願

さて、問題になるのが「うろ」重金属が含まれるならば、堆肥化も困難。やっかいな廃棄物だ。実は、金沢農業も8年程前、金沢中央市場等から出た魚のアラ(頭や骨、内臓)と米ぬかを粉にした魚粉を、ぼかし原料として近くの処理施設から買った時期があったが、中止した経緯がある。魚の内臓から重金属が検出されるという新聞記事を読んで、直感的に危ないと感じたのだ。

山の湧き水から始まりミネラルを多く含だ川の水ミネラルは、プランクトンの餌となりやがて食物連鎖の長である大型魚の胃袋へ入り、最終は人間や野鳥の胃袋へ入る。山林や大地が汚染されれば川、海が汚れ、やがて人に帰ってくる。農薬で危険視される環境ホルモンも同じである。

リサイクルは重要だが、それ以前の抜本的な問題が多いようにかんじる。美味しい「カニ味噌だわ」なんて言ってられるのも、私の代で終わりかもしれない。

帆立貝を見て「森は海の恋人」の著書で有名な畠山重篤さんの活動を思い出した。改めて素晴らしい活動だと思う。とにもかくにも環境問題は、自分のできることから始めるしかないのである。

食事前で、魚好きな方には申し訳なかったが、海のものとて大地に深く関係していることを意識して欲しかった。

海の汚染の話はともかく、今晩は、帆立を美味しくありがたく頂くことにする。

熱燗でキュッと。いけません。いけません。節酒中でした。

一句 「海恋し 山彦食らい 落ち帆立」

Posted by 井村辰二郎 at 07:09 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/14079213

この記事へのトラックバック一覧です: 帆立貝:

» 閉経年齢後の症状に骨粗しょう症が多いらしい トラックバック うちくる
オイラの母親が骨折したと騒いでいる。今年に入って2回目だから結構いいペースだ。ちなみに去年は3回骨折した。。。オイラはもう慣れっこになってしまい「今年は新記録樹立できそうだね」「今のペースなら、1ヶ月に1回だから、計12回のペースで進んでる... [続きを読む]

受信: 2007/02/28 23:10:49

» 豆腐の健康効果④ 【メタボリックシンドロームの恐怖】 トラックバック メタボリックシンドロームの恐怖@内蔵脂肪型肥満の危機から逃れたい男の指南書
【女性の更年期障害や骨粗しょう症を予防、改善】豆腐に豊富なイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする成分です。そのため、それらを積極的に摂取することで、エストロゲンの分泌低下による更年期障害の病状改善に役立ちます。また...... [続きを読む]

受信: 2007/03/23 16:11:33

コメント

宮城県 牡蠣の森を慕う会(代表 畠山重篤、水山養殖場)と申します。

平素より「森は海の恋人運動」にご賛同くださり、誠にありがとうございます。
皆様の多分のご協力のもとに、「森は海の恋人運動」も22年目を迎えることができました。
皆様の心の木が大きく大きく育ち、その輪がますます広がってゆきます様、リアスの海辺より
お祈りいたしております。今後ともご理解、ご賛同下さいます様、お願い申し上げます。


<畠山重篤エッセイブログ掲載開始のお知らせ>

このたび、畠山重篤エッセイブログ「リアスの海辺から ~カキじいさんのつぶやき~」
の掲載を開始いたしました。水山養殖場WebStoreホームページ(右メニューのエッセイ・バナー)
よりご覧いただければ幸いです。リアスの海辺より、カキじいさんが四季折々の出来事を、
三陸の美しい風景にのせて「つぶやきます」。

水山養殖場WebStore http://mizuyama-oyster-farm.com


ブログページ、WebStoreホームページは水山養殖場WebStore HP管理者が管理しております。

※ 重複のご案内の場合はご容赦くださいます様お願い申し上げます。

投稿: 牡蠣の森を慕う会 | 2010年9月23日 (木) 02時27分

コメントを書く