« 実は蕎麦が好きです | トップページ | 出糀 »

2007年2月 1日 (木)

小児気管支喘息

有機農家4人家族、妻以外はアレルギー体質だったりする。子供二人は、牛乳卵のアレルギーで、娘は克服したが、下の男の子は牛乳を飲めない。そして、深刻だったのが、気管支喘息。幼い頃に3回の入院経験がある。ハウスダストに対するアレルギーで、旅行の時などは、今でもネブライザー(吸入器)を携帯する。結婚と同時に新築したヤスブシンの在来工法住宅。中途半端な機密性と断熱性、結露とカビで悩まされている。家については機会がをみてレポートするが、今日は、衣食住のなかで食の話。我が家の喘息対策は、「加賀レンコンのお味噌汁」そして「大根の上に、じろ飴を乗せてその汁を飲むこと」風邪による喉の痛みなどにも効果がありお勧めだ。
実はこの「じろ飴」金沢の名物で、俵屋さんが有名なのだが、私のお勧めは、奥能登「横井商店」の飴。スローな製法で、原料にもこだわっている。
070201_065032_m
この「じろ飴」の原料が「大麦の麦芽」(モルツ)と「お米」である事を知る人は、案外少ない。金沢農業の「有機大麦」と「有機米」で、オリゴ糖たっぷりの健康的で美味しい飴ができるのだ。
実は、就農10年を記念して、久しぶりに二つの新商品開発を行うことにした。その第一弾が「有機じろ飴」である。
昨日から風邪気味で、風邪が喉についた。写真は「大根とじろ飴」。2時間くらいで、大根とのコラボレーションが終了する。喉に流し込んで、豆腐つくりだ。気合!!

Posted by 井村辰二郎 at 08:35 午前 有機小麦・大麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/13739515

この記事へのトラックバック一覧です: 小児気管支喘息:

コメント

気管支疾患には、レンコンが良いとよく聞きますね。
レンコンはとくに、フシのところが良いそうで、
すりおろしたものを葛湯のようにして、
それこそ、シンジロウさんのおっしゃるじろ飴で
甘みつけして啜るのも、なかなかおすすめです。

友人の坊っちゃんも、主たるアレルゲンが
ハウスダストの喘息だそうで、大変だと聞いています。
くだんの友人は、ハリ治療に連れて行ってるそうです。

シンジロウさんJr.のご改善をお祈りしてます。お大事に。

有機じろ飴、期待してます!!

投稿: おかん | 2007年2月 1日 (木) 23時47分

ありがとうございます。さすが、おかんさん詳しいですねぇ。Jr君ずい分強くなりましたが、メンタル面ではまだまだ赤ちゃんなのです。

投稿: 井村辰二郎 | 2007年2月 7日 (水) 17時14分

コメントを書く