« フェアトレードくらぶ&コミュニティトレードal | トップページ | 鴨は大麦若葉が大好き~その後 »

2007年2月 7日 (水)

長良川

大型機械を駆使した土地利用型農業は、設備産業である。有機栽培といえども例外ではない。有機の為に、慣行の農家より効率が悪い事も多い。私の有機圃場は、慣行栽培の畑よりも雑草が多く、収穫のコンバインや、乾燥・調整をする過程でも雑草のクズが作業の能率を悪くする(乾燥機のトラブルや選別機械の能率ダウン)有機米・有機小麦・有機大豆・・・等等全てにおいて同じである。岐阜の山吹町に在る(株)児島精機さんを訪ねた。探していた中古の粗選別機とプレクリーナーと呼ばれる機械を見るためだ。児島精機は農協の農業関連施設や精米工場の設備を設計・施工・メンテナンスなさる会社で、豊富な経験と知識を持ち、私たちの要望にも親切に対応してくださる。私たちが相談するのは、中古の機械ばかりで、ほとんど利益にならない仕事にも、お付き合いくださる。農民のみかたである。北陸自動車道を森本インターから入り富山経由で北陸東海自動車道へ。途中工事区間下道を通り、目的地まで約3時間で到着した(雪の白川郷が美しかったです)関インターで降りてから長良川の河川沿いを通り、鵜飼で有名な場所も案内していただいた。2月とは思えないほど穏やかな日で、長良川も美しく清らかに流れていた。帰りの車で、下呂温泉を横目に見ながら。日帰り小旅行だった。有機農家井村辰二郎、今度は観光で訪れたいと思った。写真は購入予定の中古粗選別機。070205_115853_m

Posted by 井村辰二郎 at 02:42 午後 農業機械・設備 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/13821765

この記事へのトラックバック一覧です: 長良川:

» 白川郷ツアー トラックバック 白川郷ツアーの案内
白川郷ツアーのご紹介です。 [続きを読む]

受信: 2007/02/08 10:40:00

コメント

コメントを書く