« 金沢で震度5 | トップページ | DEAN & DELUCA »

2007年3月30日 (金)

美しき青きドナウ

イースターの季節だ。私は仏教徒だが、子供の幼稚園・小学校がカトリック系のためキリスト教の行事に触れる機会が多くなった。少し前だが、石川県県立音楽堂で行われた「イースター・チャリティー・コンサート~パイプオルガンと合唱の響き~」へ家族で出かけた。出演したOEKエンジェルコーラスに娘の友だちがでいて、黒瀬恵さんのパイプオルガンの演奏で「美しき青きドナウ」等、美しい天使の歌声を聴く事ができた。ドイツ製のパイプオルガンの調べは美しく、郷土の施設の素晴らしさにも感動した。

070321_140439_m

さて、イースターと言えば、玉子とウサギ。実は、このコンサートの共催者は「森の玉子」で有名なイセ食品さん。お隣の富山県の会社で、会長の伊勢様には、大変にお世話になっており、私が最も尊敬する経営者の一人だ。伊勢会長は絵画や音楽芸術に造詣が深く、このコンサートもイセ食品さんのメセナ活動のひとつだ。

イースターの本場、ヨーロッパの異常気象も深刻で、昨年の冬は大雪。一転して今年は暖冬。スキー場は雪不足。と思えば、先週ウィーンで40センチの雪が降ったそうだ。ここ数年は日本と同じような気象とのこと。単純な私は、ヨーロッパモードの一週間だった。

070321_161126_m

写真は、音楽堂のパイプオルガンと娘のイースターエッグ。

一句 春うさぎ ヴィナ美しき 峰青く 

07018

Posted by 井村辰二郎 at 04:49 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/14458844

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき青きドナウ:

コメント

コメントを書く