« 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会 | トップページ | 主体的な需給調整システム? »

2007年3月 3日 (土)

池田晶子氏死去

池田晶子氏が、46歳で亡くなられた。
故人のご冥福を心からお祈り申し上げる。

「死ぬということは、人が本質的にものを考え始める絶好のチャンスなのである。」(池田氏)
故人は死に対する考え方を、色々な表現で語っていらした。
若すぎる死と言う事になるのだろうが、池田氏が直面した死はどの様な言葉になったのだろうか?興味本位で発言するのは不謹慎だが、知りたい。

一生の間に一度はお会できればと思っていた方が、亡くなった。週末は死についてプチ哲学することになりそうだ。

一句 「落ちたとて またつけるなり 東方朔  

合掌

Posted by 井村辰二郎 at 09:24 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/14111969

この記事へのトラックバック一覧です: 池田晶子氏死去:

コメント

コメントを書く