« 寒い寒い | トップページ | 誕生日の動画 »

2007年4月 6日 (金)

走り穂

070406_084611_m_5 天気予報では、しばらく晴天が続くようだ。
河北潟干拓地の有機六条大麦の畑で、例年より早い「走り穂」を観察できる。

極早生の品種が混ざっていたり、突然変異種だったり、色々考えられるが、この時期の走り穂は数も少なく、極端に早いので突然変異種のような気がする。
本格的な「走り穂」のシーズンになると、畑の中に「走り穂」が散見できるようになる。大豆後の2毛作地帯では、4月の下旬頃だろうか。

麦畑の中では、オスのキジ達が縄張り争いを始め、空中では、ヒバリが高く鳴く。
賑やかな季節になる。

一句 「何故急ぐ はしりほ高く 空し」

07022

Posted by 井村辰二郎 at 09:38 午前 有機小麦・大麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/14575551

この記事へのトラックバック一覧です: 走り穂:

コメント

こんなに立派な大麦が・・・

なぜこんな穂が出るのか、井村さんでも定かではない。
自然は、ときにいろんなものを見せてくれて、人間を
楽しませてくれるものですね。

投稿: まっつ~隊長 | 2007年4月 6日 (金) 17時26分

隊長こんにちは。
オヤジは、センスが無くても、自然の恵み、ノンフィクションで勝負ですね。
写真と文字を、少し大きめにしてみました。
トラクターやコンバインで、デジカメは持ち歩けないので、やはり携帯電話の写真で勝負します。
デジカメ歴は長かったりして、古いですがEOSの一眼レフを愛用しています。被写体は家族。(笑
皆さんに刺激されて、コンパクトで高性能のデジカメに触手が動いていますが、グッと我慢することにします。
趣味の写真撮影は、老後に取っておきます。

投稿: 井村辰二郎 | 2007年4月 6日 (金) 18時34分

山代ではニアミスだったようですね。

また、山代には定期的に行きますので、ぜひお会いしたいですね。

私は、これからアグー豚でチャーシューを作るのですが、こだわりの醤油を探しているんです。

また、沖縄のいい食材を販売していくと同時に、全国の仲間の人的ネットワークつくりもやっております。

これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: ヤスエモン | 2007年4月 6日 (金) 21時33分

コメントを書く