« 有機栽培の苗 | トップページ | 生産者の顔が見える商品 »

2007年4月10日 (火)

ギョウザを焼く人

20070409200536 我が家の定番、金子製粉さんの全粒粉「餃子の皮」。農林61号の風味が良く、もちもちカリカリで美味しい。
遅く帰ると、台所に焼く前の餃子が置いてある。疲れているときは、とてもつらいのだが、焼くしかない。

焼くこと自体は嫌いではない。
中はジューシーに、外をカリカリ&もちもちに焼くコツは。
国産の上質な油をフライパンになじませて、ギョーザを並べたら70%位の水をいれて、水が飛ぶまで、蓋をする。(くっつかないように餃子の間に、十分クリアランスを取るのがコツ)
蓋を取ったら、上質なごま油を風味付けに、ケチケチ垂らす。
カリッときつね色の焦げ目が付くと出来上がり。

タレは、有機醤油とりんご酢のハーフハーフ。

お試しあれ。

一句 「残業も 頭腹癒すフライパン」

07024

Posted by 井村辰二郎 at 07:07 午後 有機小麦・大麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/14633558

この記事へのトラックバック一覧です: ギョウザを焼く人:

» 茶農家 トラックバック 茶農家
茶農家 [続きを読む]

受信: 2007/04/10 20:29:29

» 江沢瞳 トラックバック ピザ屋さん
これって見えちゃってる?大丈夫だよね? [続きを読む]

受信: 2007/04/23 17:13:32

コメント

コメントを書く