« 麦茶の美味しい季節です | トップページ | 「あぐりハグハグ」が始まりました »

2007年5月31日 (木)

食料・農業・農村政策審議会委員の公募

食料・農業・農村政策審議会委員の公募
農林水産省では、タイトルの委員を公募している。
原則として、食料・農業・農村問題に感心の有る方は、だれでも応募できる。
6月4日の締め切りまで少しだが、興味のある方は挑戦して欲しい。

さて、この審議会は、大変重要な農林水産大臣の諮問機関であり、
日本の農業政策の舵取りや、農政に民意を反映させる意味では、重要な会である。
私も2年前に、ある農業団体から推薦を受け、個人の意思で応募した。
結果は、残念ながら落選となったが、機会が有ればまた挑戦したいと思う。
今回も応募しようか迷っている所です。

応募の方法の中に、五つのテーマの中から一つを選び、意見・提言を1200字以内にまとめて提出とある。
テーマは
1、 食料自給率の向上のために政府がなすべきこと
2、 食の安全・安心の確保のために政府がなすべきこと
3、 日本農業の構造改革のために政府がなすべきこと
4、 都市と農村の共生・対流の促進や農村の活性化のために政府がなすべきこと
5、 生物系資源の持続的な利用に向け政府がなすべきこと
応募するかどうかは別として、この五つのテーマについて自分の意見や提言をまとめて見ようと思う。
少し時間がかかるかもしれないが、日本の農業を真剣に考える農家の一人として、小論文を書いてみるつもりだ。
これを機会に「日本の農政について」というカテゴリーも新設した。
まずは、
1、 食料自給率の向上のために政府がなすべきこと
から書いてみる。

書けたら公開しますね。

Posted by 井村辰二郎 at 07:11 午後 日本の農政について |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/15267990

この記事へのトラックバック一覧です: 食料・農業・農村政策審議会委員の公募:

コメント

ご無沙汰してます!
面白い!こんな公募があるんですね!1200字と言えばすぐにでも取りかかれるじゃないか!、、と思って募集要項を見ましたが当然『郵送』&『履歴書』ですよね、、、
僕も今の移住の経歴上、農業関連、地域作り関連についての行政側の施策を耳に目にする様になって来ました。
けれど、実際のこうした取り組みは意欲的で現状に前向きな人でなければ情報を得られなかったり、取り扱いの自治体や地域の理解、、いろいろな障壁もあるのですね。
以前よりシンジロウさんの前向きでアグレッシブな取り組みにおおいに刺激を受けていますので、今後も是非!関われる所からこつこつと行きたいと思っています。
ちなみに僕はさしづめ『4番』から文章化してみたいです。

投稿: 農夫見習いパパ | 2007年6月 1日 (金) 16時39分

パパさんこんにちは
パパさんの地域でも様々な問題が有ると思いますが、それに対してポジティブに取り組んでらっしゃることと想像します。
農林水産省の政策には、ガッカリすることが多いですが、少しずつ良い方向へ向かってゆけばよいなと考えます。
4番なんかは、パパさんの実践なさっていることがそのまま、政策のヒントになるような気がしますね。
私が始めた「あぐりハグハグ」も都市と農村の交流がテーマです。お互い立場は違いますが、農や地域に多くの可能性がある事を示してゆきたいですね。
パパさんとご家族の夏が、素敵な夏で有ります様に。

投稿: 井村辰二郎 | 2007年6月 4日 (月) 18時18分

コメントを書く