« 地震 | トップページ | 種まき再開 »

2007年7月17日 (火)

草との戦い×草との対話マル

%E5%A4%A7%E8%B1%86%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%8D%89%20001.jpg

大規模な土地利用型の穀物栽培。これを有機栽培で行う場合、最も重要な技術の一つが「除草技術」である。

大規模な土地利用型の穀物栽培は、コンバインによる収穫が前提となるので、収穫期に雑草が有ると収穫ができない。特に有機大豆栽培は、草との戦いである。

今から思えば、最初から30ヘクタールの畑で有機栽培を始めたのは無謀だったかもしれない。

「河北潟干拓地は日本一雑草の種類が多い」という専門家もいる。

何種類もの除草剤を使用する慣行栽培の農家ですら、除草に失敗することも多い。 %E5%A4%A7%E8%B1%86%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%8D%89%20002.jpg

 それでは、どうやって除草をしているのか?

基本は、慣行栽培でも行われる、中耕・培土と呼ばれるトラクターにつけた株間のロータリー耕アタッチメントによる物理的な除草法である。あとは人海戦術による草取り。これといった除草技術は無いと言ってもよい。 では、金沢農業での雑草対策は?

企業秘密☆

内緒です☆

企業秘密は冗談、対策無しが正しい。

私は微力である。できることは有機大豆と草たちとの成長レースでいかに有機大豆を助けてあげられるか。

有機大豆を応援するしか手立ては無い。 除草というよりは、抑草と言う表現の方がシックリくる。つまり、私の有機大豆畑は有る程度の雑草は生えている。

昨年も、抑草に成功した畑も有れば、失敗して収穫皆無の畑も有る。 毎年が草との戦いであり、抑草の技術も発展途上であるのだ。 %E5%A4%A7%E8%B1%86%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%8D%89%20003.jpg

 百聞は一見にしかず。 是非、有機大豆畑を見に来ていただきたい。

自然観察と創意工夫で、いつか抑草の技術を大成させる。

私の夢であり、ライフワークである。 %E5%A4%A7%E8%B1%86%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%8D%89%20005.jpg

一句「にくし草 寝ても覚めても 我夢中」 07061

ランキングに参加しています。ポチット応援してください→

Posted by 井村辰二郎 at 06:54 午後 有機大豆 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/15789745

この記事へのトラックバック一覧です: 草との戦い×草との対話マル:

コメント

コメントを書く