« 有機野菜のスイーツ | トップページ | 有機認証監査① »

2007年7月24日 (火)

石川県土壌肥料懇話会・報告

 

23日「石川県土壌肥料懇話会」にて、お話をさせていただきました。

聞いてくださる方が、土壌の専門家中心なので、何をどんな風に話せばいいか心配だったが、自分が実践していることを自分の言葉で、背伸びせずにお話すればいいかなと、ある意味開き直って会場へ向かった。

会場には、思いがけず取引会社の方や知人が4名 いらっしゃり、少しリラックスできた。

私の前は、石川県立大学の長谷川先生がご講演なさった。

長谷川先生は40年以上、堆肥などの研究をなさっているこの分野の第一人者である。

お話の中で、近くの豊かな田んぼが改廃してゆく事に対する憂いや、日照不足で冷害の年でも、土作りがしっかりした田畑は、害が少ないなど、40年の経験から沢山の共感できる話や、元気が出る話をいただいた。

にこやかに話される内容には、歳を重ねられた経験の重みと見識の豊かさを感じることが出来た。

私も経験を重ね成長してゆきたいと強く感じた。

会長の田知本先生はじめ、関係者の方々、ご清聴いただいた参加会員の方々に御礼申し上げます。

力不足で下降気味。梅雨も明けるぞ頑張るぞー!!→

Posted by 井村辰二郎 at 07:15 午前 イベント |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/15862413

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県土壌肥料懇話会・報告:

コメント

石川県立大(石川県土壌肥料懇話会)の田知本です。

石川県土壌肥料懇話会でのご講演、ありがとうございました。ダイズの播種や有機認証の査察で忙しく、ネコの手も借りたいほどの貴重な時間を割いていただき、大変恐縮です。

講演時間が限られていて(約30分+質疑応答10分程度)、申し訳なく思っています。せっかくご準備いただいたスライドも半分以上割愛しなくてはならず、大変残念でした。いつか又じっくりとお話をお聴きしたいものです。

講師紹介の際に、よく確認もせず、「農業生産法人金沢農業」と紹介してしまい、大変失礼しました。青色申告の「非農業生産法人」だったのですね。実は、営農形態がどこにも明記されていなかったので、ちょっと不思議に思っていたのです。勝手な推定でご紹介してしまい失態でした。以後、直接ご本人に確認をとってから紹介するように心がけたいと思います。

研究会後の懇親会の席でも、ご講演の内容、そして悪条件の下での大規模有機農業に対して驚きと称賛の声が挙がっていました。これからの技術的課題は良質堆肥の自家生産と土づくり、そして当面の最大課題である雑草対策になると思いますが、ご協力できることがあれば、これからも支援体制をとっていきたいと考えています。

8月4日・5日の石川県有機農業推進協議会(門前、金沢)の決起集会には、先約(横浜で世界エスペラント大会)があって参加することがかなわず、大変残念です。いずれ、大々的に有機農業推進記念大会を開催しましょう。その際は本学の施設(大ホール、講義室、大型駐車場など)を無料で提供できると思います。どうぞご遠慮なくご活用下さい。

なお、担当の者が申し忘れたかもしれませんが、今回の特別講演のお話の内容を、後ほど本会会誌に掲載させていただきたいと思いますので、冬季のお暇なおりにでもご準備頂ければ幸いです。印刷ページ数に特に制限はありませんので、ご自由にご執筆下さい。お忙しい場合はスライド原稿をそのままコピーという手もありますので、お気軽にご検討下さい。

今回は貴重なお話を本当にありがとうございました。

梅雨明けも間近なこの時期、遅れているダイズの播種、そして中耕除草作業が順調に進むことを陰ながらお祈りしております。

<追伸>
時間的に余裕がとれるようになりましたら、本学実験圃場で私が試験的に栽培している陸羽132号(水稲品種育成国家プロジェクト第1号、宮澤賢治推奨品種としても有名)、密陽23号(韓国開発の超多収米、1t/10aが可能)、それに趣味と実益を兼ねたアフリカの主食用トウモロコシ(タンザニアのkilimoなど、その旺盛な生育にきっと驚嘆します!)、昨年から再スタートした長期圃場試験(黒ボク土(火山灰土)と灰色低地土(水田土壌)での無肥料区・化学肥料区・堆肥区比較栽培試験、3年5作で現在ダイズが生長中)など、ぜひ見学においで下さい。お待ちしています。

投稿: 田知本正夫 | 2007年7月26日 (木) 05時11分

田知本先生
おはようございます。
懇話会では、色々とお世話になりました。
ありがとうございます。

もう少しドッシリと、大地に根を張るような営をすべきなのですが、能力が無く、いつも右往左往しております。

雨にもまけず、の詩を、思い浮かべる今日この頃です。

今後ともご指導ください。

投稿: 井村辰二郎 | 2007年7月26日 (木) 07時16分

Do not enough cash to buy a house? Do not worry, because this is real to receive the loans to resolve such problems. Hence get a college loan to buy all you need.

投稿: KERR35SUSAN | 2011年7月30日 (土) 18時51分

コメントを書く