« 耕作放棄地 | トップページ | 農業のサスティナビリティ »

2008年4月27日 (日)

「担い手」アカウントエグゼクティブ

AE(アカウントエグゼクティブ)
広告業界で使われる言葉だが、私の頭の中には、クライアントの為に総合的な支援をする営業マン的なイメージがある。

さて、農家として経済活動を行うと色々な壁にぶち当たる事がある。
もちろん農業技術や農業経営的な悩みも多いが、案外手ごわいのが、地域の問題や農政局・都道府県・市町村・JAグループとの調整である。
具体的に何がどうとは言わないが、農業関連の組織・団体が多くあり、その全ての方々の立場や組織の利益、また法令的な建前を満たすには相当な努力が必要と感じる。
あれはダメ、これもダメ、これは対象にはならない、これでは支援できない。
ネガティブな意見も多い。
新しい試みを有る程度のスピードで達成しようとするときには、特この壁を感じることが多いのだ。
法令順守・自己責任がモットーだが、真面目にその壁と会話しようと考え行動すればするほど、膨大なルーチンや時間を消費する。

担当者は皆さん優秀で、日本の農産業の発展の為に働いておられる。
しかし、担い手からの相談、申し出に対して、結果として担い手のチャレンジににブレーキをかけていることはないだろうか?
共に悩み考える、今の農業界はこんな時期に来ているのではないだろうか。

提案である。
地域の個々の担い手に相対して農政局・都道府県・市町村・全農・農協職員の精鋭からなるコンサルティングチームを組織してみてはどうだろうか。
各職員の目標は、担い手の営農を発展させ所得を増やし納税すること。
メンバーは法令順守の下、必要に応じて公平な立場で出向組織との調整を行う。
またメンバーは、その担い手の経営改善計画の達成度によって、職場での評価が決まる。

「担い手」アカウントエグゼクティブとでもイメージしようか。

日本の農業界は、まだまだ発展途上である。
担い手と農業関連団体がしっかりスクラムを組み、成果をあげなければ農の未来は無い。

時間は少ないが、まだ間に合うかもしれない。

もっともっと皆さんの英知を頂きたい。
そしてポジティブに営農したい。
さあ、米・麦・大豆。
沢山作るぞー☆

Posted by 井村辰二郎 at 06:39 午後 日本の農政について |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/41010952

この記事へのトラックバック一覧です: 「担い手」アカウントエグゼクティブ:

コメント

こんばんは。
同じジャンルでもいろんな団体があるんですね。
頑張って下さいね。

もう夏ですね。
早いものですね。

投稿: jan | 2008年4月29日 (火) 04時11分

janさんコメントありがとうございます。
いろいろな業界が有って、農業にも業界があります^^
農家が減っていて、斜陽の業界です。
斜陽産業では無いと信じて就農したのですが・・・・。
こちらは田植えの季節です。
夏ですね。

投稿: 井村辰二郎 | 2008年5月 1日 (木) 20時12分

コメントを書く