« 朗報 | トップページ | 穀雨【こくう】 »

2008年4月12日 (土)

農林水産省は、今すぐ生産調整の中止を!!

当農場は、父親の代から生産調整を行い、現在は自ら生産調整方針作成者となり、主体的に生産調整(減反)を行っている。

農政批判をするつもりはない。
生産者が主体的に取り組むべき、主食米の生産調整については、価格下落による米作農家の所得を安定させる意味においては効果が有るのかもしれない。
しかし、政治・経済・環境問題・グローバリゼーションあらゆる面が急激に変化しているこの時代「おかしい」「ちょっと待てよ」少しでも疑問に感じたら、修正→改革、すぐに行動できる仕組みが必要である。
時代は、物凄いスピードで変化している。
米の国境措置と価格政策に固執した政策から、視野を広く持ったレスポンスの早い政策実行の理念と仕組みづくりを急がなければ、この国の農業は崩壊する(もう手遅れかもしれない)
少し回りくどい言い方になったが、現在の生産調整の仕組みは10年持たないと思う。いや5年、もしかしたら今年が最後になるかもしれない。

昨年の米価下落を受け、政府が34万トン買い上げて備蓄にまわし、全農の保管米10万トンをエサ米に回す(実際は1万数千等)
そして、農林水産省が背水の陣でのぞむ20年産米の生産調整。
相場は生き物なので、どんな結果がでるか判らないが、お米の価格を追うのは、もう終わりにしたらどうだろうか。

農林水産省職員は勇気を持って生産調整を中止する行動を起こすべきだ。
研究・シュミレーションをしている間は無い、貴方方の英知を結集して「新しい農業国日本」の舵取りをしてほしい。

先日、能登の門前山是清第二農場へ行って来た。
能登の水田の荒れ方は凄まじい。
年々休耕田が増えてゆく、昭和時代のく美しい水田風景が失われ、過疎地の風景となってゆく。
全国の農村が能登と同じように荒れていることは想像にたやすい。

もったいない、天罰が当たるぞ。
日本国民よ。
農をおろそかにするな、農は国の本。

1、日本のお米は世界一の食糧生産システムである
・真水を蓄え山村から平野まで、人の血液のように灌漑用水を整備したインフラは日本の資産である。
真水の無い大陸の農業がどうして未来永劫栄えるだろうか?
・さあ、もっとお米を作ろうよ。
2、お米が安くなり、国民に選択してもらう事を何故恐れる
・美味しくて安い国産米。もっと安く供給して食べてもらうべきだ。
国境措置は世界貿易のルールの中で取り払い、日本の水稲農家は農産物の絶対的な価値を昇華させよう。
米農家は経営努力するしかない。ぬるま湯から脱出するのだ。

21世紀は心の時代、そして心の時代だ。
自然回帰
農村回帰

古里に残る水田・農村。

地方や地域を活性させ、豊かな国土と国民の営みを継続させるには、水田農業の復興が最優先である。
今すべきことは、米生産農家の所得を守ることではなく、生産を振興することである。

米・麦・大豆、全ての穀物生産を振興しようではないか、価格や需要量を決めるのは市場であり、国民の価値観だ。

水稲を中心とした日本の農業は、東アジアのモデルとなりうる。
祖先が開墾した田畑、灌漑システムは日本が守るべき財産なのである。

Posted by 井村辰二郎 at 10:33 午前 有機米, 水稲 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/40854840

この記事へのトラックバック一覧です: 農林水産省は、今すぐ生産調整の中止を!!:

» 船場 吉兆 使い回し で 謝罪 ☆ 船場 吉兆 さらなる ウソ 発覚 味の素 は・・・    トラックバック mixi life ミクシー で素敵な生活 ☆ mixi love ミクシー で素敵な恋愛
食が怖い~食品業界大手の味の素の冷凍ギョーザに問題発覚らしい・・・ギョーザの原材料表示に、国産をイメージさせる「優良誤認」の疑いのあるとのことです。問題はどういうことかというと、 国産の野菜や肉の代わりに、中国産などの輸入食材を使う可能性があるのに...... [続きを読む]

受信: 2008/05/03 19:14:29

コメント

コメントを書く