« 韓国、対米FTA合意 | トップページ | 山是清の有機小麦 »

2008年6月21日 (土)

北欧の「ふるさと存続運動」

農業新聞に掲載された、東京大学教授 神野直彦先生のコラムに感銘を受けた。

「ふるさと納税」に対する問題提起から始まり、北欧の「ふるさと存続運動」を例に挙げながら、日本における、都市と農村の在り方を書いている。

日本の「ふるさと納税」に対して、室生犀星の「ふるさとは遠きにありて思うもの」を連想させるとしている。
一方北欧のそれは
「ふるさとは近くにありて愛するもの」
「ふるさとは近くにありて守るもの」
という発想だそうである。

ノーマライゼーションやクオリティーオブライフが掛け声も無く静かに広がるスウェーデンでは、「ふるさと存続運動」も派手なキャンペーンとしてでは無く進み、人が田舎にとどまり、地域興しをする。
ふるさとに有る「生命の蓄積」としての自然資源が認められているのである。

神野教授はまた、子どもを育てる「人生の為の教育」として、子ども達が地域の自然とかかわる重要性を指摘している。

ヨーロッパのケルトが自然を崇拝していたように、北欧の人々が大切に想う「ふるさとや自然」
自然を愛で崇拝してきた歴史を持つ日本人の心の奥底にも、自然に対する尊敬の気持ちが残っているはずである。
日本人が理解できないはずが無い。

グローバル化とともにローカル化が進むと言うグローカリゼーション。
農産業の持つ可能性と存在意義を再認識させられたコラムであった。

先生ありがとうございます。



Posted by 井村辰二郎 at 08:29 午前 日本の農政について |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/41548865

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の「ふるさと存続運動」:

コメント

井村さま。初めまして。
稼ぐネット産直の山本玲治と言います。

人気ブログランキングから来ました。


そのコラム読みましたよ(^0^)

グローバリズムの中、効率優先・強者優先の活動が幅をきかせていますが、その歪みがどこに出るのか。

その時地方はどうなっているのか?

やっぱり、地方を。自然を切り捨てて、それで良いよ。ってことにはならないと思います。

これからもちょくちょく寄らせていただきますので、よろしくお願いします。


応援クリックしておきました。
これからもよろしくです。

投稿: 稼ぐネット産直 山本玲治 | 2008年6月30日 (月) 06時39分

初めてpaper突然すみませんsweat01sweat01小麦粉で検索してきたものですshine
私はこの4月からパン職人目指しパン屋で働きはじめました。パン屋には色々強力粉とか小麦粉がありますが全然わかりません…もっともっと小麦粉のことが知りたいsign03小麦粉を作っている生産者の顔をみたいsign03いつかは消費者と生産者を繋ぐような~両方の笑顔にできるようなパン職人目指していますsign03
よかったらぜひとも小麦のこととか教えてもらいたいですsign03

投稿: パン職人 近藤まり子 | 2008年6月30日 (月) 17時59分

山本玲治さん
コメントありがとうございます。
あまり大きなことはできませんが、できることからコツコツ取り組んでゆきたいと考えます。
応援ありごとうございます。

投稿: 井村辰二郎 | 2008年7月 4日 (金) 08時50分

近藤まり子さん
コメントありがとうございます。
パン職人を目指していらっしゃるのですね。
製パンに携わる方が、小麦のことや農場に興味を持ってくださることを
大変嬉しく思います。

>いつかは消費者と生産者を繋ぐような~両方の笑顔にできるようなパン職人目指しています

共感できます。
きっとそんなパン屋さんになられると思います。
私も頑張ります
ありがとうございました。

投稿: 井村辰二郎 | 2008年7月 4日 (金) 08時54分

コメントを書く