« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月13日 (日)

諫早湾 (人類の自然破壊)①

人類による自然破壊

農業による自然破壊

諫早湾干拓事業による自然破壊

諫早湾の排水門の開門を巡って混乱がある。
国側は佐賀地裁判決を不服とし控訴した。

湾岸漁業に与える影響
水門内漁業に与える影響
干拓地農業の灌漑用水への影響
地域の防災(水害・塩害)への影響

様々な利害や住民の感情があり、私の限られた知識の中では、その是非について結論付けることはできない。

水門の開門についての議論が多いが、この問題を考える時には、人類のエゴによる自然破壊、環境破壊の現実、さらに農産業の自然破壊、環境破壊の問題を整理しなければ、議論できないと考える。

有機農業や農業のあり方を議論するコミュニティーなどでよく指摘されているのが
「農業だって立派な自然破壊・環境破壊」
この類のコメントである。
もちろんこの話を掘り下げれば、人類の存在自体が自然破壊・環境破壊の源泉となる。

日本国民は国土の自然を様々な開発により破壊してきた。
その意味では、諫早湾の干拓事業も列記とした環境破壊である。

さて、私の職場、河北潟干拓地も国営干拓地。
日本の高度成長経済とともに始まり、約30年の営農が行われてきた。
私の祖父・父は、潟での漁業権を国に売り渡し、新しい農地へ増反した。

次の日記では、八郎潟干拓地の後、そして諫早湾の前に行われた、河北潟干拓地の現在を分析して書いてみようと思う。
諫早湾の干拓事業を私自身が考える為の基礎として。

Posted by 井村辰二郎 at 11:17 午前 日本の農政について | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

山是清の有機小麦②

昨日はスタッフと2台の汎用コンバインで有機小麦の収穫を行いました。
門前第二農場 山是清の有機小麦収穫も明日位で終わります。

映像は、畑に遊びに来たキツネ君。
コンバインがよほどめずらしい様子で、遠巻きに眺めています。
30メートルほど近づくと少し逃げますが、ウロウロ麦刈りが終わった麦稈の残る畑で遊んでいます。
10分ほど遊んで、帰ってゆきました。

映像は、
山是清の有機小麦畑をコンバインで刈り取りながら携帯電話で撮影。
運転しながらポケットより携帯電話を取り出し、アップで撮影しました。
画質も悪く、コンバインの音が大きくて雑音が多いですがご勘弁を。

マムシやキツネに野うさぎ、奥能登まで来ると野生のキャストが変わってきます。
自然がいっぱい。
今度は何と遭遇するだろうか
最近能登方面へ移動中というクマさんにも会えるかもしれない。
少し怖いなー^^

Posted by 井村辰二郎 at 04:45 午後 有機小麦・大麦 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

山是清の有機小麦

河北潟干拓地のオーガニック小麦もあと少しで刈り終わります。
天候に恵まれ、周辺の大規模農家は、大豆の播種も終わったというのに、金沢農業では一粒の大豆も植えていません(汗

有機ハトムギの播種は進みましたが、大豆の播種は7日月曜日からとなります。

石川県のエンレイ・あやこがね等の播種適期は5月下旬から6月上旬。
二毛作の麦後大豆でも6月中旬から下旬までに播かなければならないのだが・・・・・(汗

いろいろな思いがあり、本年の大豆播種は、7月に集中して行います。
門前第二農場も同時進行。
一ヶ月で、約140ヘクタールの大豆を播くことになるのです。(再度・汗

写真は、色づいてきた門前山是清のオーガニック小麦畑(ナンブコムギ・準強力粉)です。
来週末には刈り取りできそうです^^
O8komugiyamakore2
O8komugiyamakore

Posted by 井村辰二郎 at 08:31 午前 有機小麦・大麦 | | コメント (1) | トラックバック (0)