« 汚染米・米粉 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2008年9月20日 (土)

「農業」と「農林水産省」の道

農林水産省 白須事務次官更迭 太田農相辞任

農林水産省の本丸、米で起きた不祥事。

本日付 日本農業新聞の一面トップ 

「農政ウオッチ」の見出しは 農水省存続の危機

2001年の中央省庁再編を思い出してほしい。

一府二十二省庁が一府十二省庁へ再編された。

中学の社会の時間に習った大蔵省や建設省の名前が消え再編された事はショッキングで記憶に新しい。

2001年の改革では無傷だった農林水産省。

今回の不祥事を機に、農林水産省の存続が議論されても不思議ではない。

○安全安心を統括する消費者行政は消費者行政担当へ。

○商農工連携など産業としての農業は、経済産業省へ。

○治水・植林、環境保全としての機能は環境省・国土交通省へ。

○農地法関連や耕作放棄地対策、農道・農業用水等の社会インフラの整備は国土交通省へ。

○食育やグリーンツーリズムなど農村文化の継承は、総務省、文部科学省へ。

○食糧自給率のアップ、食糧安全保障は総務省、防衛省へ。

国民の声が高まれば、こんな再編が行われても不思議ではない。

もともと、全ての産業は農業から分岐して世を豊かにしてきた。
中学の授業に呼ばれるときに、第一次産業の歴史や重要性の話からすることが多い。

日本で農業が始まったのは?→弥生時代
世界では?→メソポタミア文明

「衣食住 」
「衣」は?→綿・シルク・麻
「食」は?→農漁業産物
「住」は?→木材・かやぶきの屋根・畳

私達の身の回りにある全ての基幹に農業林水産業が係わっているのだ。

農林水産業は国土・国民にとって多面的で基幹となる産業である。
地方では特に重要だ。

この農林水産業をつかさどる「農林水産省」
私達農民は、あなた方の指導のもと誠実に農地を耕してきた。
使命を果たしてきた。

今回の不祥事を真摯に受け止めて欲しい。
原点回帰
国土国民の声なくして、農林水産業も存続できないのである。

行政改革・財政再建はこの国にとって必要な改革かもしれない。

しかしその転機が、食品に対する不安や、一部の心無い業者の不祥事によるものとは情けない。

世界はめまぐるしく変化している  「農林水産省」も変わらなくては。

近未来、農林水産業が国の基幹産業に回帰する時代が必ず来る。

頑張れ「農林水産省」

私は「経済産業省」よりも「農林水産省」とともに農業の可能性に挑戦したい。

今、世論は農産業を注視している

スピードと改革と永劫性。

農産業「変わらなくっちゃも変わらなきゃ」

「農は国の基なり」

「農業」も「農林水産省」も国民の幸せに資する道へ進まねばならない。

Posted by 井村辰二郎 at 11:59 午前 日本の農政について |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157937/42532287

この記事へのトラックバック一覧です: 「農業」と「農林水産省」の道:

コメント

稲刈り、順調に進んでいます。でも報道を観るとやるせないね。さすがに事故米(そんな言葉初耳だった。)を主食にまわすなんて。農家仲間の話じゃ加工米やくず米が主食で流通しているというのは当たり前に話されている。加工米と言いつつ検査場では、しっかり等級つけて品種ごとに倉庫に積まれている。だから意地でも加工米は作らない。一体どんな奴が、どんな官僚がこの国の農政を仕切っているのか。18歳の時、官僚になりたての人(一ツ橋大出身だった)と1週間ほどホームステイしたことを思い出す。「早く帰りたい」を連発し畑で熱中症になった姿を見て愕然としたことを。

投稿: ピッコロ | 2008年9月21日 (日) 20時17分

ピッコロさんこんにちは
収穫が順調に進んでいるようですね。

こちらも稲刈りの終盤です。
豊作ですね^^

私は、畑地である河北潟干拓地で系統出荷の加工米。
本年から新たに、生産調整管理方針作成者として地域の味噌屋さん、酒造メーカーと契約して加工用米を作付けしました。
結果として今年、金沢市の専業農家で生産調整に苦労しているのは、私と別の生産調整管理作成者の下に入っている一農家さんだけです。(配分の仕組みが不公平だ)

加工用米の制度については、農家にとって複雑で、系統が独占的な既得権を持っていることが納得できません。
例えば、個人では県外の実需と加工用の契約ができなかったり、河北方干拓地内で生産する加工用米は全て系統出荷が義務図けられていたり、とても開かれた制度とは思えません。
農家が知恵を絞って、新商品の開発をしたり、新たな需要・販路を模索しようとしても多くの壁に突き当たるのです。
今回の汚染米は別の話かもしれませんが、農家の現場で生産調整や主食と切り離す需要の掘り起こしを努力しているのに、汚染されたミニマムアクセス米が主食として市場に出ているなんて、とんでもない話です。
お米の市場は、もっとオープンに規制緩和すべきです。
理不尽な生産調整のルールに縛られて、四苦八苦している私としては、一言も二言も言いたい。
作況指数が豊作で上がり、集荷円滑化対策が発動されれば主食米からさらに隔離さなければならないお米も出てきます。
一般の方にはわかりづらいかもしれませんが、自由にお米を作れない。

ごめんなさい。
この話になると、とてもネガティブになってしまいます。
正直者がバカをみる、
バカな私は、一生懸命が空回りして、倒れそうです^^

さて、支離滅裂なお返事となりましたが、全国が豊作でありますように、対策発動ギリギリのラインでお祈りします^^

投稿: 井村辰二郎 | 2008年9月22日 (月) 19時01分

コメントを書く