2008年4月12日 (土)

農林水産省は、今すぐ生産調整の中止を!!

当農場は、父親の代から生産調整を行い、現在は自ら生産調整方針作成者となり、主体的に生産調整(減反)を行っている。

農政批判をするつもりはない。
生産者が主体的に取り組むべき、主食米の生産調整については、価格下落による米作農家の所得を安定させる意味においては効果が有るのかもしれない。
しかし、政治・経済・環境問題・グローバリゼーションあらゆる面が急激に変化しているこの時代「おかしい」「ちょっと待てよ」少しでも疑問に感じたら、修正→改革、すぐに行動できる仕組みが必要である。
時代は、物凄いスピードで変化している。
米の国境措置と価格政策に固執した政策から、視野を広く持ったレスポンスの早い政策実行の理念と仕組みづくりを急がなければ、この国の農業は崩壊する(もう手遅れかもしれない)
少し回りくどい言い方になったが、現在の生産調整の仕組みは10年持たないと思う。いや5年、もしかしたら今年が最後になるかもしれない。

昨年の米価下落を受け、政府が34万トン買い上げて備蓄にまわし、全農の保管米10万トンをエサ米に回す(実際は1万数千等)
そして、農林水産省が背水の陣でのぞむ20年産米の生産調整。
相場は生き物なので、どんな結果がでるか判らないが、お米の価格を追うのは、もう終わりにしたらどうだろうか。

農林水産省職員は勇気を持って生産調整を中止する行動を起こすべきだ。
研究・シュミレーションをしている間は無い、貴方方の英知を結集して「新しい農業国日本」の舵取りをしてほしい。

先日、能登の門前山是清第二農場へ行って来た。
能登の水田の荒れ方は凄まじい。
年々休耕田が増えてゆく、昭和時代のく美しい水田風景が失われ、過疎地の風景となってゆく。
全国の農村が能登と同じように荒れていることは想像にたやすい。

もったいない、天罰が当たるぞ。
日本国民よ。
農をおろそかにするな、農は国の本。

1、日本のお米は世界一の食糧生産システムである
・真水を蓄え山村から平野まで、人の血液のように灌漑用水を整備したインフラは日本の資産である。
真水の無い大陸の農業がどうして未来永劫栄えるだろうか?
・さあ、もっとお米を作ろうよ。
2、お米が安くなり、国民に選択してもらう事を何故恐れる
・美味しくて安い国産米。もっと安く供給して食べてもらうべきだ。
国境措置は世界貿易のルールの中で取り払い、日本の水稲農家は農産物の絶対的な価値を昇華させよう。
米農家は経営努力するしかない。ぬるま湯から脱出するのだ。

21世紀は心の時代、そして心の時代だ。
自然回帰
農村回帰

古里に残る水田・農村。

地方や地域を活性させ、豊かな国土と国民の営みを継続させるには、水田農業の復興が最優先である。
今すべきことは、米生産農家の所得を守ることではなく、生産を振興することである。

米・麦・大豆、全ての穀物生産を振興しようではないか、価格や需要量を決めるのは市場であり、国民の価値観だ。

水稲を中心とした日本の農業は、東アジアのモデルとなりうる。
祖先が開墾した田畑、灌漑システムは日本が守るべき財産なのである。

Posted by 井村辰二郎 at 10:33 午前 有機米, 水稲 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月31日 (火)

稲穂の頭も垂れてきました

%E6%B0%B4%E7%A8%B2008.jpg

早生品種の「あきたこまち」の穂が少しずつ垂れてきた。

日照不足の記事を書いたが、少しずつ米粒を稔らす稲に力強さを感じる。

出穂の時期から推理すると、平年と比べて5日から1週間位遅れそう。

お盆空けの次の週。8月21日当たりが稲刈りのスタートだろうか ?

県外のお米屋さんとの情報交換では、出荷が始まった九州・四国のお米の出来が良くないらしい。

北海道も低温傾向。

全国的に見ても豊作の年ではないようだ。

これはこれで、米価の下落が止まり価格が安定するので良いと発言する関係者もいるので、経済とは難しいものだ。

悪天候による自然な生産調整により、農民の所得が上がる?

今回の選挙結果を機に、日本の農業政策についてもう少し国民の関心が増えればよいのだが・・・。

施策をプロ農家に集中して も、(与党案)

兼業農家を含めた全農家の所得を保障しても 、(民主党案)

この国の農業は良くならないと感じるのは私だけだろうか?

農林水産省の舵取りに期待したい。

  ランキングに参加しています。ポチットお願いします!!→

 

Posted by 井村辰二郎 at 07:44 午前 有機米, 水稲 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

日照不足

%E6%B0%B4%E7%A8%B2%E9%96%8B%E8%8A%B1%E5%BE%8C%20001.jpg
6月下旬から7月にかけて。 明らかに日照不足である。 ナスの花が咲かないとか、 スイカが大きくならないなど、農作物にいろんな影響が出ている。 水田では、早生のアキタコマチが穂を立て。 畑では、播き遅れの有機大豆が、天へ伸びようとしているのに・・・・。 石川県の7月の日照時間は、平年の半分以下である。 2003年の冷害、不作の年と似ていると言う農家もいる。 まだ、梅雨の空けない北陸地方。 台風5号の発生も気になる。 こんな年こそ、日ごろの土作りの成果があらわれる。 健全な土で、しっかり育った有機米。 土の力と、彼らの力を信じるしかない。

ランキングに参加しています。ポチットお願いします!!→

Posted by 井村辰二郎 at 07:46 午前 営農, 有機米, 水稲 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

有機栽培の苗

20070409151428_4 3月26日に播いた種が、ひょろひょろと伸びてきた。あまり良い表現ではない。

ひょろひょろ組みと、ゆっくり組みにわかれてしまった。
実は、催芽→芽だしの行程にムラが有った為、約1200枚の苗が一斉にそろわなかったのだ。
つまり、ゆっくり組みの発芽を優先して、温度管理を行うため、先行のせっかち組みが、ひょろひょろになってしまったのだ。温室育ちだと、ひ弱な苗になる。
薄播きなので、リカバリーできると思うが、前途多難。
失敗だ。

昨年の反省を踏まえて、新しく導入した、最新の催芽機を信じた、私の失敗です。
かなりの温度ムラガ有る。(愚痴)

気を取り直して、次の手を打つのが肝心。
幸い、本年の田植えは、例年より一週間ほど遅らせる予定なので、時間は有る。

ここだけの、秘密の失敗談です。
あー恥ずかしい。

一句  「さあ整列 吹けど芽吹かず 汗タラリ」

07023

20070409151547

Posted by 井村辰二郎 at 03:41 午後 水稲 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

彼岸花

060926_123131_m 最後のコシヒカリを刈り取り、今年の稲刈りは終了した。90%以上が一等で検査合格。収量もマズマズであった。有機麦・大豆の不安定さを考えると、北陸は水稲栽培に適した所だと再認識させられる。適地適作、河北潟干拓地で水稲作付けの規制緩和を願う。

有機栽培や米作りの先人たちは、収穫後から来年の米作りが始まると言われる。堆肥などを散布して地力増進に勤めるのが今の季節なのだ。まだ地温の有るこの季節に有機物を投入することは、春先に投入するのとは意味が違う。今播いた堆肥は、田植えの寒い時期でも稲が吸収してくれる。金沢農業でも堆肥散布に余念が無い。大豆刈が始まる10月20日頃までに、堆肥散布とプラウ耕を終わらせたい。写真は昨年、干拓地に移植した彼岸花。雑草に負けずに数本だけ生き残った。

Posted by 井村辰二郎 at 03:35 午後 水稲 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

順調な稲刈り

060914_115555_m 水稲の稲刈り・出荷が順調だ。あと、2~3日で稲刈りは、ほぼ終了する。検査・出荷も順調で、トラックのチャーター便で出荷される。フードマイレージという言葉がある。地産池消を肯定する考え方のひとつだが、残念ながら金沢農業のお米のほとんどが、東名阪で消費される。北陸はお米の産地なので、仕方が無いことなのだが、せめて輸送手段は、JRのコンテナ便にすべきなのかもしれない。JRのコンテナ便は、数年前何度か利用したが、東名阪ではコスト面で不利である。また到着までの日数もかかる。いけないと思いながらも、経済的な「我」が働くのだ。「便利で安い」この言葉に屈してはいけないのだが、現実は厳しい。有機農業を実践しても、トラクターの燃料など、化石燃料に頼らざるおえない現実がある。最近、藁や雑草を利用したバイオエタノール生産の研究をはじめた井村であった。

Posted by 井村辰二郎 at 07:52 午前 水稲 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

初検査

060902_093546_m 060902_093624_m 昨日、新米の初検査を受けた。(中)かがのと農産物検査協会さんが、当農場の検査場所まで出張してくださる。朝九時から行なわれた検査は、全て「あきたこまち」で、産直用の30kg紙袋を80袋、共同購入会さん指定のお米屋さんに出荷するフレコン900kgを6袋、合計7トン800キロが一等で合格した。毎年緊張する初検査である。私の農場では、殺虫剤は一切使用しないので、カメムシの被害粒等により二等になることも多いが、今回は、一等の判子を押していただけた。嬉)

たとえカメムシ粒が有っても、白米に精米する時に色彩選別機で取り除かれるので、食べてくださる方は心配しないでくださいね。

Posted by 井村辰二郎 at 06:24 午後 水稲 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

お天気に恵まれて

060831_152754_m_1 「アキタコマチ」の収穫が終わり、昨日から「ヒトメボレ」の刈り取りが始まった。今後、酒米の「五百万石」、「コシヒカリ」と刈り取りが続く。お彼岸頃までには終了するだろうか。稲刈りが終わると、豆刈、麦播き。これからの農作業をイメージすると、頭の中は秋から、いっきに冬へと向かう。長く「せわしない」秋の農繁期だが。出だしは順調である。写真は、有機栽培の五百万石。中村酒造さんの手により「加賀雪梅」有機純米吟醸酒となる。

Posted by 井村辰二郎 at 07:03 午前 水稲 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

稲刈りスタート

本日、平成18年産の稲刈りがスタートした。天候不順で心配された作柄も、出穂後の晴天により平年並みの収穫が期待できる。最初に刈り取るのが、河北潟干拓地内の「ほほほのほ」。河北潟干拓は地目が「普通畑」の為、水稲作付けは認められていなかった。しかし、昨年から「加工用米」として、主食用と隔離することを条件に、認められるようになった。品種も指定で、全て全農への出荷となる。せっかく有機栽培の管理で作っても、60キロ当たり7000円くらいの手取りにしかならない。なによりも、慣行栽培の米とまぎれて加工用になるのは、もったいない。しかし、連作障害の回避や、畑地雑草対策として水稲作付けを加えることは、長年の夢である。目先の損得は考えずに、加工用米の生産に踏み切ったのだ。来年から品目横断政策が開始されるが、日本の農業政策は、まだまだお米中心である。早くお米を自由に作れるようになってほしい。しかし、その時は国境措置が廃止、輸入米との価格競争に破れ、国から所得保障を受ける農民に「おちぶれる」ときかもしれない。

Posted by 井村辰二郎 at 09:29 午後 水稲 | | コメント (2) | トラックバック (0)