2008年8月23日 (土)

「幸運の大豆」二世

Yamakore823 Babydaizu1
































皆さん憶えていらっしゃいますか?
昨年、農産工房「金沢大地」で加工される大豆がコロコロ転がって、コンクリートの穴に偶然落ちて、そこから芽を出した「幸運の大豆2007」
収穫して採れた大豆が206粒。
なんと幸運でたくましい大豆でしょうか?
金沢大地では、この大豆を植えて子孫を伝承するために、レンガの花壇を造りました。
工事が遅れて種まきも遅れましたが、元気に芽を出して育っています。
品種も不明なのですが、今年の成長を観察すれば特定できると思います。

ハトに食べられたり、発芽できなかったりしましたが、現在育っているのは185株。
一株に何粒実を付けてくれるか楽しみです。

農産工房「金沢大地」では、今年収穫した「幸運の大豆」の種を無償で配布しようと考えています。

都会のマンションのベランダに、お庭の畑の片隅に、この大豆が育ってゆけば嬉しく思います。

本年から、農産工房「金沢大地」は
ベランダ大豆を育てる運動を始めます。

詳細が決まったらまたご案内いたしますね。

Daizu8234

Daizu8233

Daizu8231 Daizu8232

Posted by 井村辰二郎 at 09:17 午前 幸運の大豆 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

206粒の幸運の大豆ジュニア

206

河北潟干拓地に約20ha、門前山是清に8haの大豆畑が刈れないまま、冬将軍がやってきた。
大規模に作付けすると当然、刈り遅れ播き遅れのリスクがあるのだ。
60トン以上の大豆は収穫したが、残りの大豆の運命は、お天道様次第。
本格的な雪の季節になる前に、後10日の晴れ間が欲しい。

さて、コロコロ転がった「幸運の大豆」をひねり出してみた。

一個、二個、三個・・・・・・・・。
206個!!

虫にも食われずに、綺麗な大豆が206個とれました。

クイズにご応募頂いた方、ありがとうございました。
正解者無しですが、収穫のお祝いに、皆さんに大豆を送らせて頂きます。

おせち料理の煮豆に、豆ご飯にご賞味ください。
煮た大豆を、後でカレーに入れれば、ビーンズカレーの出来上がり。
ベジタリアンの方にも好評ですよ。

さて、週末は少しお天気が回復しそう。
何トン収穫できるかなー(願)

一句

「雷と 鈴と転がし 空眺む」

07068

ランキングに参加しています。ポチット応援してください→

Posted by 井村辰二郎 at 10:27 午前 幸運の大豆 | | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月29日 (月)

幸運の大豆が実りました

%E5%B9%B8%E9%81%8B%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%B1%864.jpg %E5%B9%B8%E9%81%8B%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%B1%866.jpg

加工場からコロコロ転がって、コンクリートの隙間に逃げ込んだ。

そして芽を出し、すくすくと育ったど根性大豆「幸運の大豆」が立派に実をつけました。

「ふくゆたか」 と予想していましたが、正解は「あやこがね」だったようです。

少し小ぶりですが、沢山の実をつけました。

豆たたきをして、幸運な収穫を楽しみます。

さて、問題です。

この一株から、何粒の「幸運の大豆」が採れるでしょうか?

ヒントは莢の数から予想できます。

さやは、一粒入り、二粒入り、三粒入り が有ります。

不稔もあれば、虫に食べられたものも有るかも知れません。

来週、豆たたきをして報告しますね。

メールフォームかコメントから予想数をお寄せください。

正解者には、有機大豆300グラム入りをプレゼントいたします。

一句

「捻ろうか たたこか 豆のさやはじき」

07067

ランキングに参加しています。ポチット応援してください→


 

Posted by 井村辰二郎 at 04:42 午後 幸運の大豆 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

幸運の大豆その後

lukysoy2.jpg

ころころ転がった「ど根性大豆」

[幸運の大豆]

がこんなに大きくなりました。 花も終盤で、
立派な莢がついてきました。 lukysoy3.jpg
あと一週間もすれば、プックラ太って美味しい枝豆になるのですが・・・・・・・。
lukysoy.jpg
そこはグッと我慢。
幸運の大豆の種が取れるように秋まで見守ります。

ランキングに参加しています。ポチットお願いします!!→

Posted by 井村辰二郎 at 07:35 午前 幸運の大豆, 有機大豆 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

有機認証監査②

20Dtest.jpg

 

3日間の有機認証監査が終了した。

正直、疲れた。

どっと溜まっていた疲れが頂点に達した感じで、昨晩は死んだように眠った。

監査自体はスムーズに行われ、幾つかの指摘事項は頂いたが、重大な違反などは無かった。

有機JAS法改定後の最初の監査なので、緊張したが、後は判定委員会を経て、認証継続可の通知を待つことになる。9月の上旬くらいになるのだろうか?

今回は、検査員の監査の為に、認証団体の職員の方もいらっしゃった。

遠くから来ていただき、3日間に及び監査してくださった事に感謝いたします。

特に、 検査員の方は、大手ビールメーカの製造システムの構築に長年携わっていらした方で、門前へ向かう車の中では、組織論など多くの勉強をさせていただきました。

大変だったが、多くの事を学んだ3日間だった。

有機大豆の播種は終盤。

あと、18ヘクタール位で終了。

写真は「幸運の大豆」もう、こんなに大きくなりました。

短い夏、秋はそこまで来ている。

ランキングに参加しています。ポチットお願いします!!→

Posted by 井村辰二郎 at 03:37 午後 幸運の大豆, 有機JAS | | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月11日 (水)

「ど根性大豆」と言うよりも「幸運の大豆!」

002_1 農産工房「金沢大地」のコンクリートの隙間から「ど根性大豆」が芽を出した。
工房では、豆腐・味噌の生産の他、有機大豆の手選別を行う。
この幸運な、小さな粒のお豆さんは、コロコロ転がってコンクリートの隙間から芽を出した。
ど根性と言うよりも、なんとラッキーな大豆だろうか?

この「幸運の大豆」の歴史を紐解くと(仮に17年産フクユタカだった場合)
※品種は現時点では断言できないが「フクユタカ」「あやこがね」の可能性が高い。

平成15年に、九州は熊本で種子用として栽培される。
その秋に出来た種が熊本の生産者の手により、平成16年に実る。
食べられる宿命をかいくぐって、金沢農業へ種子として嫁入りする。
平成17年7月、金沢農業の有機圃場に播かれる。
同12月、悪天候の中、刈り取りが行われる。(17年播種のフクユタカは90%が大雪で収穫できなかった)

そして、19年初夏。農産工房「金沢大地」の豆腐になるはずが、コロコロ転がり、コンクリートの割れ目に逃げ込んだ。

なんとたくましい。そして幸運な大豆なのだろうか?

確率的には、宝くじに当たるより低いのでは?

などとスタッフが言う。

皆で話し合って、大切に育てることにする。

この一粒から、どんな花が咲き、どんな実がなるのだろうか?

いまさらながら「種」の継承について考えさせられた。

この幸運な「個」を増やしてみようと思った。

今回の幸運とは意味が違うが、

在来種・自家採取・固定種・

「種」について成し得ていない目標が沢山ある。

この「幸運の大豆」一株から、何かが始まるのかもしれない。

一句「ころころと こころ受け継ぐ 承る」 07058

ランキングに参加しています。ポチット応援してください→

Posted by 井村辰二郎 at 12:12 午後 幸運の大豆 | | コメント (2) | トラックバック (0)